ここから本文です

明日の日本株の読み筋=堅調な展開か

8月20日(火)17時20分配信 モーニングスター

 21日の東京株式市場は、足元でのしっかりした地合いのなか、堅調な展開が期待される。米国では、景気減速を回避するため減税策を検討すると一部で報じられるなど、米景気に配慮するとの期待感から警戒の動きが後退する場面も想定される。米国株の堅調な動きがや日経平均株価の5日線(20日時点で2万543円)などが意識され、日本株の下支えとなりそう。市場では「上値を追う動きが乏しいなか、値動きの軽い銘柄への物色が、日替わりメニュー的に出ているる」(中堅証券)との声も聞かれ、目先的な値動きを狙った銘柄への参戦には注意したい。

 20日の東京株式は、日経平均株価が前日比114円06銭高の2万677円22銭と3日続伸して取引を終了した。朝方から買い先行でスタートしたが、買い一巡後は、手掛かり材料難や戻り待ちの売りなどで上値が重い展開が続いた。後場の取引終了間際に、引き締まる格好となり、高値に近い水準で取引を終えた。

提供:モーニングスター社

最終更新:8月20日(火)17時20分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン