ここから本文です

ロンドン為替見通し=7月独生産者物価指数(PPI)に要注目か

8月20日(火)13時38分配信 トレーダーズ・ウェブ

 ロンドン市場のユーロドルは、7月独生産者物価指数(PPI)(予想:前月比横ばい)に注目する展開となる。
 リスクシナリオは、9月の欧州中央銀行(ECB)理事会での量的金融緩和観測が高まりつつあることで、マイナスに落ち込むネガティブサプライズとなる。
 予想通りならば、22日からのジャクソンホール会議を控えて、22日NYカットオプションの1.1100ドルが上値を抑制する展開が予想される。
 ユーロドルの売り材料は、9月の欧州中央銀行(ECB)理事会での利下げ、量的金融緩和観測、欧州連合(EU)とイランやトルコとの関係緊迫化による地政学リスク、ドイツのリセッション(景気後退)懸念、買い材料は、ドイツの財政出動やトランプ米大統領によるユーロ安へのけん制発言となる。

・想定レンジ上限
 ユーロドルの上値目処(めど)は、一目均衡表・転換線の1.1149ドル、ユーロ円は一目均衡表・転換線の118.56円。

・想定レンジ下限
 ユーロドルの下値目処(めど)は、8月1日の安値の1.1027ドル、ユーロ円は8月12日の安値の117.52円。
山下

最終更新:8月20日(火)13時38分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ ウェブ FX

トレーダーズ・ ウェブ FX

DZHフィナンシャルリサーチ

FXトレーダーの注目を集める
リアルタイムオーダーはこちら!

月額2,000円(税別)

トレーダーズ・ウェブでは、FXトレーダー注目の「オーダー情報」はもちろん、トレーディングに役立つ豊富な情報が無料でご覧いただけます!

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン