ここから本文です

MRO Research Memo(5):2019年12月期は配当金15円(2円増配)、配当性向31.8%を予想

8月19日(月)15時05分配信 フィスコ

拡大写真
現在値
Monot 2,895 -52
■株主還元策

MonotaRO<3064>は業績に合わせて安定配当していく方針である。2014年12月期(配当金3.5円、0.5円増配)から5年連続の増配を続け、配当性向も30%以上を続けている。2019年12月期は第2四半期末に7.5円の配当を実施。期末の配当金7.5円と合わせると通年15円(2円増配)を予想する。配当性向は31.8%の予想。同社の利益の成長率が高いため、速い増配ペースが期待できる。

同社は株主優待として、決算期末(12月末日)に100株以上を半年以上継続して保有している株主に対し継続保有期間に応じた金額相当分のプライベートブランド商品を贈呈している(半年以上:3,000円分、3年以上:5,000円分、5年以上:7,000円分、金額は税抜)。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田秀夫)

《MH》
株式会社フィスコ

最終更新:8月19日(月)15時55分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン