ここから本文です

欧米為替見通し:ドル・円は伸び悩みか、週末の米FRB議長講演に思惑

8月19日(月)17時25分配信 フィスコ

19日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想する。前週末に発表された中国の景気刺激策への期待感から、リスク回避の円買いは後退する見通し。ただ、今週末の米連邦準備制度理事会(FRB)議長による講演を控え、積極的なドル買いは手控えられよう。

中国国家発展改革委員会が2019-20年に可処分所得を引き上げる内需刺激策を打ち出す方針で、中国や世界の経済の減速懸念はいったん収束。また、週末に行われた香港の大規模デモで目立った衝突は回避され、リスク選好的な動きが広がっている。19日のアジア市場で、ドル・円はお盆休み明けの本邦勢によるドル買いが朝方から入り、一時106円47銭まで浮揚した。日経平均株価や上海総合指数、欧米株式先物の堅調地合いで、今晩の株高を見込んだドル買い・円売りの流れ。ただ、ドル・円は節目である106円50銭付近のドル売りに上昇を阻止され、上値の重さも意識される。

この後の海外市場では、ドイツ政府による景気のテコ入れに関しても材料視されそうだ。ただ、景気対策への期待感でユーロ・円は底堅いが、ユーロ・ドルは買いが続かずドル・円を小幅に押し上げる見通し。一方、前週末に発表された米国のミシガン大学消費者信頼感指数は予想外に弱く、今年2月以降では最低の水準に。その前日の小売売上高などは逆に予想を上回る伸びを示しており、23日に予定されるパウエルFRB議長の発言内容を見極めようと、材料難の今晩は動きづらい。また、中国ファーウェイの米国での展開に米トランプ政権はなお否定的で、両国の貿易摩擦も引き続き重しとなろう。(吉池 威)

【今日の欧米市場の予定】
・17:00 ユーロ圏・6月経常収支(5月:+297億ユーロ)
・18:00 ユーロ圏・7月消費者物価指数改定値(前年比予想:+1.1%、速報値:+1.1%)


《FA》
株式会社フィスコ

最終更新:8月19日(月)17時28分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン