ここから本文です

日経平均は106円高と続伸、買い先行後は上値の重い展開が続く=19日前場

8月19日(月)11時45分配信 モーニングスター

現在値
SUMCO 1,435 -44
出光興産 3,240 +75
JXTGH 499.1 +2.1
AGC 3,290 +45
ガイシ 1,570 -14
 19日の日経平均株価は、前週末比106円64銭高の2万525円45銭と続伸して前場の取引を終了した。朝方は買い先行でスタートし、午前9時6分には、同215円09銭高の2万633円90銭と、きょうの高値を付ける場面がみられた。その後は、手掛かり材料難のなか、戻り待ちの売りに押され上値が重い展開が続いた。米株価指数先物が時間外取引で上昇し、19日の中国・上海総合株価指数は4日続伸となっているが、反応は限定的。先行きへの不透明感から、手控えムードも広がったようだ。東証1部の出来高は4億3827万株、売買代金は7516億円。騰落銘柄数は値上がり1504銘柄、値下がり541銘柄、変わらず104銘柄だった。

 市場では「夏季休暇明けの投資家が多いとみられるが、買い材料に乏しい中、積極的な売買は控えられているようだ」(中堅証券)との声が聞かれた。

 業種別では、出光興産 <5019> 、JXTG <5020> などの石油石炭製品株や、大和証G <8601> 、野村 <8604> などの証券株が上昇。AGC <5201> 、ガイシ <5333> などのガラス土石株や、SUMCO <3436> 、LIXILG <5938> などの金属製品株も高い。三井不 <8801> 、住友不 <8830> などの不動産株や、大林組 <1802> 、大和ハウス <1925> などの建設株も堅調。7&iHD <3382> 、ファーストリテ <9983> などの小売株や、三菱UFJ <8306> 、三井住友 <8316> などの銀行株も上げた。東証業種別指数は、28業種が上昇、5業種が下落している。

 個別では、ワイヤレスG <9419> 、ユニーファミマ <8028> 、KLab <3656> 、リニカル <2183> 、LINK&M <2170> などが上昇。半面、神戸物産 <3038> 、物語コーポ <3097> 、インターアク <7725> 、ワタミ <7522> 、JESHD <6544> などが下落した。

提供:モーニングスター社

最終更新:8月19日(月)11時45分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン