ここから本文です

日経平均は130円程度高、JPX日経400はユニファミマ、オープンハウス、レオパレスが値上がり率上位

8月19日(月)10時46分配信 モーニングスター

現在値
パーソルH 2,233 +18
神戸物産 4,785 -325
オープンH 5,110 -10
リクルトH 3,305 +68
ファミマ 2,667 +66
 19日午前10時41分すぎの日経平均株価は、前週末比130円程度高い2万550円前後で推移する。午前9時6分に、同215円09銭高の2万633円90銭を付ける場面がみられたが、上値は重い展開が続く。日本時間の午前10時15分、中国人民銀行(中央銀行)は、19日の人民元の基準値を1ドル=7.0365元に設定した。前週末16日の市場終値(7.0419元)よりも元高・ドル安としたことから、過度な為替相場への警戒感は出ていないもよう。ドル・円相場は1ドル=106円30銭台(前週末16日終値106円16-17銭)と、朝方からやや円高方向にある。19日の取引を開始した中国・上海総合指数は、4日続伸スタートとなっている。

 主要指標の1つであるJPX日経400は、前週末比59.29ポイント高の1万3306.23ポイントと続伸。同指数の構成銘柄では、値上がり率上位に、ユニファミマ <8028> 、オープンハウス <3288> 、レオパレス <8848> がランクイン。一方、値下がり率上位に、神戸物産 <3038> 、リクルートHD <6098> 、パーソルHD <2181> が入っている。

提供:モーニングスター社

最終更新:8月19日(月)10時46分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン