ここから本文です

NY株見通し-今週は米中問題、米長期金利、パウエルFRB議長発言などが焦点か

8月19日(月)20時59分配信 トレーダーズ・ウェブ

 今週のNY市場は引き続き神経質な展開か。先週は米30年債利回りが過去最低を記録したほか、米10年債と2年債の利回りが一時逆転し、将来の米景気後退が強く意識された。週後半は利回り格差が拡大したことで警戒感が和らいだものの、今週も引き続き長期金利の動向に注目が集まる。
 22-24日開催のカンザスシティー連銀国際経済シンポジウム(ジャクソンホール会議)では、23日午前(日本時間:23日23時)のパウエルFRB議長の金融政策についての発言にも注目が集まる。また、米中貿易問題やデモが続く香港情勢にも要警戒か。今週の米経済指標は7月中古住宅販売件数、新規失業保険申請件数、7月景気先行指標総合指数、7月新築住宅販売件数など。決算発表はメドトロニック、ホーム・デポ、ターゲット、ノードストローム、セールスフォース、ギャップなど。

 今晩の米経済指標はなし。企業決算は寄り前にエスティ・ローダーなどが発表予定。(執筆:8月19日、14:00)

最終更新:8月19日(月)20時59分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ ウェブ FX

トレーダーズ・ ウェブ FX

DZHフィナンシャルリサーチ

FXトレーダーの注目を集める
リアルタイムオーダーはこちら!

月額2,000円(税別)

トレーダーズ・ウェブでは、FXトレーダー注目の「オーダー情報」はもちろん、トレーディングに役立つ豊富な情報が無料でご覧いただけます!

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン