ここから本文です

NY原油・金相場(16日)-原油が3日ぶり反発 金は反落

8月17日(土)7時52分配信 トレーダーズ・ウェブ

NYMEX・WTI 9月限:54.87 +0.40

 NY原油先物は3日ぶりに反発。ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)のウエスト・テキサス・インターミディエート(WTI)で9月限の終値は0.40ドル高の1バレル=54.87ドルとなった。
 世界経済の減速に対する過度な警戒感が後退し、原油先物には時間外から買いが先行。WTI9月限は一時55ドル半ばまで上昇した。その後、石油輸出国機構(OPEC)による2019年石油需給見通しの下方修正が伝わると、54ドル前半に押される場面もあった。もっとも、金融市場全般にリスクオフの動きは一旦止んでおり、原油相場も底堅さを取り戻して推移した。


COMEX ゴールド 12月限:1523.6 -7.6
 
 NY金先物は反落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で取引の中心となる12月限は前営業日比7.6ドル安の1トロイオンス=1523.6ドルとなった。週初から進んだリスク回避地合いは一旦後退。株式市場は底堅く、米金利も低下傾向が一服した。これまで安全資産とされて買いが強まっていた金は、利益確定の売りが優勢となった。
羽土

最終更新:8月17日(土)7時52分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ ウェブ FX

トレーダーズ・ ウェブ FX

DZHフィナンシャルリサーチ

FXトレーダーの注目を集める
リアルタイムオーダーはこちら!

月額2,000円(税別)

トレーダーズ・ウェブでは、FXトレーダー注目の「オーダー情報」はもちろん、トレーディングに役立つ豊富な情報が無料でご覧いただけます!

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン