ここから本文です

ヤマハ発動機が軟調、大和証は「3」・目標株価1800円に引き下げ

8月16日(金)15時53分配信 モーニングスター

現在値
ヤマハ発 1,926 -10
 ヤマハ発動機 <7272> が軟調。大和証券では15日付で、投資判断を「2」(アウトパフォーム)から「3」(中立)に、目標株価を2900円から1800円に、それぞれ引き下げている。

 目標株価1800円は、19年12月期配当予想90円に対し、利回り5%を想定し算出されている。米国船外機やインドネシア2輪車といった主力事業が好調にもかかわらず、足元は減益基調が続き、19年12月期は2期連続の下方修正となった経緯がある。不振事業の改善に時間を要し、ロボティクス事業拡大や先行投資も利益下押し要因となっており、事業領域が広いことが、リスク分散につながっている一方で、世界各所/各要因で事業環境の不透明感も強く、全社収益が好転するか見極めも必要と感じているという。

 従来はPER評価で割安と判断してきたが、予想連結1株利益の精度が高いとは言い難いことを勘案。配当利回りやBPSが株価目処になり易いと想定したともしている。

 同証券では連結営業利益について、19年12月期1250億円(前期比11%減、従来1400億円、会社側計画は1250億円)、20年12月期1380億円(従来1570億円)、21年12月期1520億円と試算。20年12月期は、大幅に収益が悪化する事業がないと想定。マリンやインドネシア事業の好調持続、先進国2輪車事業の赤字縮小が利益に顕在化することで、増益回帰を予想している。

 16日終値は、前日比4円高の1711円。

提供:モーニングスター社

最終更新:8月16日(金)15時53分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン