ここから本文です

香港前引け:反落、米株安を嫌気も下げ幅縮小 テンセントに売り

8月15日(木)13時24分配信 トレーダーズ・ウェブ

 15日前場の香港市場で、ハンセン指数は反落。前場終値は前日比0.17%安の25259.69ポイントだった。中国企業指数は0.26%安の9840.98ポイント。半日のメインボードの売買代金は概算で548億6000万HKドルだった。

 ハンセン指数は大きく下げて始まった。前日の米株相場の大幅下落が嫌気されたほか、中国の景気減速懸念、本土相場が軟調に推移したことも相場の重しとなった。一方、香港国際空港で続いていた抗議デモを巡っては、同地の裁判所がデモ隊の立ち入りを制限し、通常の運航が再開。香港情勢への警戒感がやや後退した。指数は寄り付きで節目の25000ポイントを下回ったものの、その後は買い戻しの動きが強まるなかで急速に下げ幅を縮小。一時はプラス圏に浮上する場面もみられたが、結局マイナス圏で午前の取引を終えた。

 個別では、前日に決算発表を行った中国IT大手のテンセント(00700)の下げが目立ったほか、中国石油メジャーのCNOOC(00883)、欧州金融大手のHSBC(00005)が安い。通信機器大手の中興通訊(00763)が8%近く下落。「5G」関連銘柄の中国鉄塔(00788)、豚肉生産大手の万洲国際(00288)などが売られた。半面、新世界発展(00017)や香港鉄路(00066)など香港関連銘柄が高い。通信キャリア大手のチャイナ・ユニコム(00762)やチャイナ・モバイル(00941)が買われた。
浅野

最終更新:8月15日(木)13時26分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

株・為替ニュースでおなじみのトレーダーズ・ウェブ では、個人投資家注目の話題の銘柄や反転シグナル点等銘柄が毎日キャッチできる豊富なコンテンツを提供しています!

【あわせて読みたい】

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン