ここから本文です

前場コメント No.13 日本ホスピス、きんでん、野村総合研究所、スカラ、TDKなど

8月15日(木)11時31分配信 トレーダーズ・ウェブ

現在値
きんでん 1,583 -26
NRI 2,265 -25
スカラ 939 +3
TDK 10,610 +60
日ホスピス 2,310 +115
★9:50  日本ホスピス-一時ストップ安 上期営業益1.8億円 ホスピス開設費用が重荷
 日本ホスピスホールディングス<7061>が一時ストップ安。同社は14日、19.12期上期(1-6月)の連結営業利益は1.8億円だったと発表した。なお、同社は前年同四半期の財務諸表を作成していないため、対前年同四半期増減率については記載していない。
 在宅ホスピス事業において「ファミリー・ホスピス東林間ハウス(神奈川県相模原市)」を新規に開設ししたことから、開設に係る初期費用が売上に先行して発生しており、2Q(4-6月)の営業利益は1Q(1-3月)の1.0億円から減少した。
 株価は2Qの営業利益が減少していることを嫌気した売りが優勢となっている。

★9:51  きんでん-大和が目標株価引き下げ 完成工事総利益率は1Q水準から徐々に改善へ
 きんでん<1944>が反落。大和証券では、完成工事総利益率は1Q水準から徐々に改善するとみて、投資判断「3(中立)」を継続した。目標株価は1650円→1600円と引き下げた。
 1Qは64.7%営業増益も、単体完成工事総利益率低下が想定以上。同利益率は2Q以降、徐々に改善が進むと想定。2020年東京五輪後は、大阪市の大型プロジェクトの取り込みに期待するとした。

★9:55  野村総合研究所-SMBC日興が目標株価引き上げ 安定感はセクター内で優位であろう
 野村総合研究所<4307>が反落。SMBC日興証券では、今後数年の利益成長の安定感はセクター内で優位であろうとコメント。投資評価「1(アウトパフォーム)」を継続、目標株価は2133円→2550円と引き上げた。
 前19.3期まで低調だった証券業向けが増収に転じている。主力分野の好転によって同社の強みが発揮されることが予想され、利益成長の期待を高めることができるようになってきた。また、同社は継続性がある運用サービス業務を積み上げることで成長を続けており、それがセクター内で相対的に高い株価バリュエーションを支えている。今回の証券業向けの好転は、将来の運用サービス業務の拡大につながる大型案件によるものであり、株価バリュエーションが回復する要因となる。さらに、7月に自社株買い(主に野村HDから、発行済み株数13.5%の1億0191万株、1600億円)が実行されたこと、5%を超える金庫株を消却する方針が維持されていることを考慮した上で、EPS予想を上方修正。

★9:58  スカラ-急騰 前期営業益は39%増 「eセールスマネージャー」の販売が堅調
 スカラ<4845>が急騰。同社は14日に、19.6期通期の連結営業利益(IFRS基準)は21.5億円(前の期比39.2%増)だった。
 SFA事業が、主力製品であるCRM/SFAソフトウェア「eセールスマネージャー」の販売がクラウド型を中心に堅調に推移したことにより、増益となった。また、フィールドマーケティング事業やカスタマーサポート事業が増益となったことも寄与した。

★9:58  TDK-SMBC日興が目標株価引き下げ リチウムポリマー電池好調で円高を打ち返す
 TDK<6762>が反落。SMBC日興証券では、リチウムポリマー電池好調で円高を打ち返すとみて、投資評価「1(アウトパフォーム)」を継続した。目標株価は12400円→12100円と引き下げた。
 目標株価の引き下げは1Q実績の反映、為替前提を1ドル=105円(従来110円)に変更したことが主な要因。株価が大きく下落し、PERなど指標に割安感があること、自動車電装化向け受動部品の拡大、TMRセンサーの収益貢献化などの確度は高く、中期的な業績拡大余地が大きいと考えるため、投資評価「1」は継続。
 米中貿易摩擦を契機とした、InvenSenseのれん代の1650億円の減損リスクは残るものの、現状、中国スマートフォンメーカー向けの出荷は続いている。今後の規制動向を見守る必要はあるものの、のれん代の減損リスクはやや後退したとの見方を示した。
小林

最終更新:8月15日(木)11時31分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ ウェブ FX

トレーダーズ・ ウェブ FX

DZHフィナンシャルリサーチ

FXトレーダーの注目を集める
リアルタイムオーダーはこちら!

月額2,000円(税別)

トレーダーズ・ウェブでは、FXトレーダー注目の「オーダー情報」はもちろん、トレーディングに役立つ豊富な情報が無料でご覧いただけます!

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン