ここから本文です

米国債市場概況・14日 10年物国債利回り、1.58%に低下

8月15日(木)6時12分配信 トレーダーズ・ウェブ

 14日の米国債券相場で長期ゾーンは大幅反発。表面利率1.625%の10年物国債利回りは前営業日比0.12%低い(価格は高い)1.58%で終えた。この日発表の中国や欧州の経済指標が低調だったことから、世界景気の減速懸念が高まり安全資産とされる米国債に買いが集まった。10年債利回りが2年債を逆転する「逆イールド」が12年ぶりに発生した。逆イールドはリセッション(景気後退)の兆しとされる。
中村

最終更新:8月15日(木)6時12分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

株・為替ニュースでおなじみのトレーダーズ・ウェブ では、個人投資家注目の話題の銘柄や反転シグナル点等銘柄が毎日キャッチできる豊富なコンテンツを提供しています!

【あわせて読みたい】

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン