ここから本文です

【ディーラー発】ドル円売り強まる(欧州午後)

8月14日(水)21時09分配信 セントラル短資FX

ドル円は米債利回りの大幅低下やダウ先物の軟調地合いが重石となり106円を割り込むとストップを巻き込み105円77銭付近まで値を崩した。クロス円もドル円の下落に連れユーロ円が118円29銭付近まで、ポンド円が127円64銭付近まで売られたほか、豪ドル円は71円37銭付近まで大きく水準を切り下げた。一方、ユーロドルは一時1.1165付近まで反落する場面がみられたものの、ドル円でのドル売りが波及し1.1185付近まで持ち直した。21時08分現在、ドル円105.922-925、ユーロ円118.411-415、ユーロドル1.11788-791で推移している。

最終更新:8月14日(水)21時09分

セントラル短資FX

 

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン