ここから本文です

ロンドン為替見通し=英雇用・独景況指標にらんだ展開

8月13日(火)13時44分配信 トレーダーズ・ウェブ

 本日のロンドンタイムは、英雇用統計、独景況指標をにらんだ展開を予想する。
 ポンドは昨日、対ドルで2017年1月以来の1.2ドル割れをうかがい、ポンド円は2016年11月以来の安値126.55円と、下値を探る展開が先行したものの下げ渋った。それぞれ、一時1.21ドル台、127.52円まで戻した。
 「合意なき英・欧州連合(EU)離脱」を懸念した売り一服によるポジション調整の買い戻しが優位となったが、その地合いを維持できるかどうか、本日発表の7月英雇用統計の強弱で確認することになりそう。
 ユーロも売り先行後に戻したが、本日は英雇用統計を受けたポンドの上下に連動しつつ、8月の独ZEW景況感指数の強弱に振らされそう。
 7月の同指標発表時は、-24.5と市場予想の-22.3や6月の-21.1を下回り、昨年10月以来の低水準となったことを嫌気してユーロが軟化。今回も事前予想は-28.5と弱め。さえない結果となれば、ユーロドルは1.11ドル台に並ぶ買いオーダーを試す展開となろう。


・想定レンジ上限
 ポンドドルは8月6-12日の下落幅に対する61.8%戻し1.2136ドル、ポンド円は6日安値128.12円。
 ユーロドルは1.1294ドル前後で低下中の200日移動平均線付近、ユーロ円は118.98円前後で低下中の4週移動平均線付近。

・想定レンジ下限
 ポンドドルは2017年1月16日安値1.1986ドル、ポンド円は2016年11月3日安値126.49円。
 ユーロドルは月足一目均衡表・雲の下限1.1094ドル、ユーロ円はピボット・サポート2・117.11円も付近に位置する心理的節目117円近辺。
関口

最終更新:8月13日(火)13時44分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ ウェブ FX

トレーダーズ・ ウェブ FX

DZHフィナンシャルリサーチ

FXトレーダーの注目を集める
リアルタイムオーダーはこちら!

月額2,000円(税別)

トレーダーズ・ウェブでは、FXトレーダー注目の「オーダー情報」はもちろん、トレーディングに役立つ豊富な情報が無料でご覧いただけます!

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン