ここから本文です

<特集>好決算銘柄ピックアップ(2)=バンナムHD―上期営業利益の再増額に期待

8月11日(日)8時02分配信 モーニングスター

現在値
バンナムH 6,870 +60
 バンダイナムコホールディングス <7832> を狙ってみたい。8日引け後の決算発表で20年3月期第1四半期(19年4-6月)の連結業績が好進ちょくを示し、会社側は上期(4-9月)の営業利益予想を上方修正したが、保守的な印象が否めない。

 同社の20年3月期第1四半期は、売上高1592億5100万円(前年同期比5.5%増)、営業利益228億3000万円(同27.6%増)。「トイホビー」が営業利益68億700万円(同28.5%増)と順調に拡大する中、ネットワークコンテンツにおいて、ワールドワイド展開している「DRAGON BALL」シリーズや「ワンピース」、国内の「アイドルマスター」シリーズ等の主力タイトルの好調な推移により、「ネットワークエンターテインメント」が営業利益を144億3100万円(同41.4%増)に伸ばして全体をけん引した。

 これを踏まえつつ会社側は、第2四半期(7-9月)に予定している商品・サービスのマーケティング計画等を織り込み上期の業績予想を修正。売上高は従来の3400億円(同1.6%増)で据え置いたが、営業利益を310億円から400億円(同9.0%減)に引き上げた。しかし、これでは第2四半期の営業利益が171億7000万円(同34.1%減)にとどまり保守的な印象。

 また、年末年始商戦が書き入れ時のため通期の予想営業利益700億円(前期比16.7%増)を据え置いているが、下期(19年10月-20年3月)の営業利益は計算上300億円(前年同期比25.2%減)となり、上期を大幅に下回ってしまう。上期営業利益の再増額、通期業績への上ブレ期待とともに株価の水準訂正が進みそうだ。

提供:モーニングスター社

最終更新:8月11日(日)8時02分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン