ここから本文です

マザーズ先物見通し:メルカリの決算反応を見極め

8月9日(金)8時58分配信 フィスコ

現在値
メルカリ 2,286 -36
本日のマザーズ先物は、メルカリ<4385>の決算反応に振らされる展開となろう。前日の米国市場では、NYダウなど主要株価指数は大幅に反発しており、シカゴの日経225先物も上伸。外部環境としては、個人投資家のマインド改善にプラスに働く要素は揃っている。ただ、指数インパクトの大きい銘柄として、昨日引け後に19年6月期の決算を発表したメルカリの市場反応がマザーズ先物動向に大きく影響を与えそうだ。同社の営業利益は121.49億円の赤字(前期は44.22億円の赤字)となり、事前発表値通り市場コンセンサスを上回る赤字幅であった。フリマアプリの国内流通総額が5000億円に迫る規模までに増えたものの、今後の見通しについては引き続き積極的な投資フェーズにあるとし、営業損益の損失額の拡大が見込まれるとのこと。悪材料出尽くしには繋がりにくい内容であることから、指数の重しとなる可能性もあり、動向を注視しておきたい。また、為替市場では1ドル=105円台後半と円高基調が続いており、お盆休みなどの夏季休暇を控えて、週末要因に伴う利益確定の動きを促す一因としても意識されやすいだろう。上値のメドは880.0pt、下値のメドは850.0ptとする。《SK》
株式会社フィスコ

最終更新:8月9日(金)8時58分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン