ここから本文です

マザーズ先物見通し:メルカリ決算前に手掛かり材料難

8月8日(木)8時43分配信 フィスコ

現在値
メルカリ 2,707 +4
本日のマザーズ先物は、新規の手掛かり材料難から模様眺めムードが強まり、レンジ内での動きに留まりそうだ。前日の米国市場は、NYダウが小反落する一方で、ハイテク関連株で構成されるナスダック総合指数は続伸するなどまちまちの動きとなった。本日は外部環境における手がかり材料難に加え、マザーズ市場では引け後に指数インパクトの大きいメルカリ<4385>の通期決算も控えていることから、マザーズ先物には様子見ムードが強まる展開となろう。世界的な金利低下を背景とした景気減速懸念が広がるなか、為替相場も1ドル=106円台前半と円高傾向が続いており、再びリスク回避の円高が大きく進行すれば、個人投資家のセンチメントにも大きく影響しそうである。上値では利益確定の動きも出やすく、引き続き資金の逃げ足の速さには警戒が必要だろう。上値のメドは870.0pt、下値のメドは860.0ptとする。《FA》
株式会社フィスコ

最終更新:8月8日(木)8時43分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン