ここから本文です

株を買うなら何曜日がいい? 知っておいて損はない曜日効果

8月8日(木)21時00分配信 LIMO

写真:LIMO [リーモ]
拡大写真
写真:LIMO [リーモ]
株を買ってみたい!  そう思ったら即実行、と言いたいところですが、ちょっと待ってください。株を取引するのに注意しておくべき曜日があると言われたら皆さんはどう感じるでしょうか?  曜日に関しては、株をやる上で少しは知っておくといい知識でもあります。以下、具体的に見ていきましょう。

「金曜日は要注意」の理由とは?

株式市場では、プロ投資家の間でも金曜日に株を買うのは気をつけないといけないと言われています。

土日は株式市場が閉まります。ということは、金曜日に株を買うと、土日を挟んで月曜日まで市場が開かないということになるのです。つまり、その間は売り買いができないということになります。

日本時間の土日にもし悪材料が発表されたり、世界経済が大きく動いたりすれば、ポジションはそのままで月曜日には一気に下落ということもありえます。

そのため、短期トレードをする人は土日を越えないで、金曜日のうちに売ってしまうという人もいるぐらいです。ただ、長期トレードの場合は何度も土日を越えないとならないため、心配しても仕方がないという見方もあります。

一方で、市場が動かない土日の間に好材料が出ることもあります。たとえば、週末に発表された好材料が土日に口コミで広がり、月曜日に一気に株価を押し上げる、というようなケースです。

買い、売り、どちらのポジションを持っているにせよ、短期トレードで仕掛ける場合は土日に株価が下落する材料が出てくる可能性があるので、金曜日にポジションを持つときは気を付けた方がよいでしょう。

週末は悪いニュースが出やすいので月曜日は株安になりやすい?

株の下落を引き起こすような大きなニュースは週末に開示されるという可能性もあります。企業もなるべくなら自社株の株価を下げたくないと考えています。

企業なども突発的な事故なら仕方がないとしても、コントロールできるニュースなら、なるべく週末に出したいと思うことはあるのではないでしょうか。

なぜなら、週半ばだと悪材料が出れば株価はパニックのまま乱高下を起こす可能性が高いのに対して、市場が引けたあとの週末発表は、土日を挟んでいったん投資家が冷静になり、株価の乱高下も避けることができると考えられているからです。

火曜日は意外と月曜日を引きずるのか?

それでは火曜日はどうでしょうか。火曜日は月曜日に引きずられ、月曜日に株価が下落すれば同じ調子で火曜日も下がったままという可能性があります。その場合、火曜日はポジションを買うのには適しているという判断もあるでしょう

逆に月曜日に株高だった場合はどうでしょうか。これも同じように引きずりやすいので、火曜日はそのまま株高の可能性もあり、その場合はポジションを買うのには適していないと言えるのではないでしょうか。

水曜日木曜日は反発して株高になる可能性もある

一度下落した株価は、時間を空けてやがて反発することがあります。株は下落トレンドにせよ、上昇トレンドにせよ、ランダムな上げ下げを伴いながらも逆の方向に向かっていくこともあります。

また、よほどのパニック売りがない限り、常に何かに投資されているという方も多いのではないでしょうか。金曜日や月曜日などにポジションを売って得た資金を、上昇し始める水曜日あたりに再投資することを検討される方もいるでしょう。その場合には出来高が増える可能性が高くなります。

一方、木曜日も株価は引きずりやすいという見方もあります。その場合には、水曜日と同じような動きを期待するという向きもあるでしょう。このような前提に立った場合に、水曜日と木曜日は反発して株高になる可能性があるシナリオを念頭に入れておくのが良いのではないでしょうか。

まとめ

今回は曜日効果について見てきましたが、株価は市場や銘柄によってもそれぞれランダムに動くものなので、この通りに動かないのが株の現実でもあります。日経平均株価などは事件やニュースに影響されやすいと言われる一方、新興市場はそれほどでもないとも言われています。

また、株価は様々な影響や人の思惑が織り込まれるものなので、曜日効果だけをあまり過信するのは禁物です。とはいえ、参考として知っておいて損はないでしょう。
LIMO編集部

最終更新:8月8日(木)21時00分

LIMO

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン