ここから本文です

NY為替:ドル106.85円、9月追加利下げ観測から米債利回りが一段と低下

8月3日(土)8時44分配信 フィスコ

2日のニューヨーク外為市場でドル・円は、107円28銭まで強含んだのち、106円51銭まで下落し106円85銭で引けた。米中貿易戦争の激化で世界経済や米国経済がさらに損なわれるとの見方から9月追加利下げ観測が強まり米債利回りが一段と低下。ドル売りにさらに拍車がかかった。

ユーロ・ドルは、1.1078ドルから1.1116ドルまで上昇し、1.1106ドルで引けた。ユーロ・円は、118円92銭へ強含んだのち、118円27銭まで反落。

ポンド・ドルは、1.2109ドルから1.2170ドルまで上昇した。

ドル・スイスは、0.9873フランから0.9815フランまで下落した。

《TN》
株式会社フィスコ

最終更新:8月3日(土)8時44分

フィスコ

 

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン