ここから本文です

日経平均は10円程度安、JPX日経400は反発し野村、TDK、武田薬が値上がり率上位

8月1日(木)10時47分配信 モーニングスター

現在値
武田薬 3,798 +41
コーセー 18,850 -90
TDK 9,570 +20
野村HLD 478.1 +3.4
東海東FH 326 +6
 8月1日午前10時43分すぎの日経平均株価は、前日比10円程度安い2万1510円前後で推移する。朝方は売りが先行し、午前9時12分には同232円63銭安の2万1288円90銭を付けた。売り一巡後は、為替市場で、ドル・円が1ドル=109円10銭台(7月31日終値108円55-56銭)と、朝方から円安方向にあることから、プラスに転じる場面もあった。1日の取引を開始した中国・上海総合指数は、続落スタートしている。

 主要指標の1つであるJPX日経400は、前日比20.13ポイント高の1万3941.59ポイントと反発。同指数の構成銘柄では、値上がり率上位に、野村 <8604> 、TDK <6762> 、武田薬 <4502> がランクイン。一方、値下がり率上位に、コーセー <4922> 、東海東京 <8616> 、日通 <9062> が入っている。

提供:モーニングスター社

最終更新:8月1日(木)10時47分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン