ここから本文です

任天堂は反落、為替差損120億円計上で第1四半期は46%最終減益

7月31日(水)9時15分配信 みんなの株式

(写真:みんなの株式)
拡大写真
(写真:みんなの株式)
現在値
任天堂 42,830 +370
 任天堂 <7974> は反落している。30日の取引終了後に発表した第1四半期(4~6月)連結決算が、売上高1721億1100万円(前年同期比2.4%増)、営業利益274億2800万円(同10.2%減)、最終利益166億400万円(同45.7%減)と大幅最終減益となったことが嫌気されている。

 「ニンテンドースイッチ」はハードウェアの販売台数213万台(同13.2%増)、ソフトウェアの販売本数2262万本(同25.9%増)と好調を持続したが、「ニンテンドー3DS」はハードの販売台数が20万台(同44.9%減)、ソフトの販売本数が148万本(同49.7%減)と落ち込んだ。研究開発費など販管費が膨らんだことで営業利益が減益を余儀なくされたほか、為替差損120億円を計上したことも最終利益を押し下げた。

 20年3月期通期業績予想は、売上高1兆2500億円(前期比4.1%増)、営業利益2600億円(同4.1%増)、最終利益1800億円(同7.2%減)を見込む。なお、想定為替レートは1ドル=105円(第1四半期109円90銭)、1ユーロ=120円(同123円49銭)としている。

出所:minkabuPRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新:7月31日(水)9時15分

みんなの株式

 

情報提供元(外部サイト)

みんなの株式

みんなの株式

ミンカブ・ジ・インフォノイド

株式投資の総合サイト

「みんなの株式」はみんなが集まる、みんな
で作る金融投資情報サイト。目標株価や売買
予想などで、個人投資家の個別株投資を強力
にナビゲートします!

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン