ここから本文です

日経平均は209円安、マイナス寄与度上位はファーストリテ、京セラ、ソフバンGなど

7月31日(水)10時33分配信 モーニングスター

現在値
ガイシ 1,566 -4
ソニー 6,411 +36
アルプスA 2,028 -35
京セラ 6,804 +19
Fリテイリ 65,740 +520
 31日午前10時30分時点の日経平均株価は前日比209円85銭安の2万1499円46銭。米中貿易交渉への不透明感が台頭し、30日の米国株式が下落した流れを受け、朝方は、売り優勢で始まった。いったん下げ渋る場面もあったが、戻りは鈍く再び軟化し、一時2万1495円42銭(前日比213円89銭安)まで下押した。その後も安値圏で推移している。日本時間午前10時発表の中国7月製造業PMI(購買担当者景気指数)は49.7(前月比0.3ポイント上昇)で市場予想の49.5を上回ったが、直後の影響は乏しかった。

 日経平均株価に対するマイナス寄与度上位はファーストリテ <9983> 、京セラ <6971> 、ソフバンG <9984> など。プラス寄与度上位はソニー <6758> 、ガイシ <5333> 、アルプスA <6770> など。

提供:モーニングスター社

最終更新:7月31日(水)10時33分

モーニングスター

 

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン