ここから本文です

<特集>好調外食をマーク(2)=壱番屋―上期業績の上ブレに期待

7月28日(日)8時05分配信 モーニングスター

現在値
壱番屋 5,110 -30
 壱番屋 <7630> を狙ってみたい。期初に値上げを行ったが、20年2月期第1四半期(19年3-5月)の連結営業利益は大幅増益を達成しており、据え置かれた上期(19年3-8月)予想には上ブレの可能性がある。

 同社の20年2月期第1四半期は、売上高127億5600万円(前年同期比3.9%増)、営業利益15億3800万円(同40.7%増)。19年3月1日に価格改定を行い、例えばポークカレー・甘口ポークカレーの場合、東京23区内では484円から505円へと21円引き上げ、他の多くの地域でも21円引き上げたが、第1四半期において国内の既存店売上高は同1.5%増と増収を確保。全店売上高も同1.9%増となり、全体として増収・大幅増益を達成した。

 連結営業利益の上期予想(同15.6%増の27億3000万円)に対する進ちょく率は56.3%で、第2四半期(6-8月)の営業利益予想は計算上11億9200万円(同5.9%減)にとどまり保守的な印象。増額期待の高まりとともに株価の水準訂正が進みそうだ。

提供:モーニングスター社

最終更新:7月28日(日)8時05分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン