ここから本文です

個別銘柄戦略:ソフトバンクGや太陽誘電に注目

7月25日(木)9時02分配信 フィスコ

拡大写真
現在値
コスモス薬 21,630 +100
信越化 11,660 -105
コマツ 2,516.5 -2
日立建機 2,651 +5
ミネベア 1,907 +22
24日の米国市場は、NYダウが79.22ドル安の27269.97と下落する一方、ナスダック総合指数は70.10pt高の8321.50と上げ、全体としてはまちまち。シカゴ日経225先物は締まって大阪日中比75円高の21745円。25日早朝の為替は1ドル=108円10銭台と、昨日大引け時点とほぼ同水準。本日の東京市場は、米ナスダック総合指数やフィラデルフィア半導体指数が史上最高値で終了したことから、半導体・電子部品関連株を中心に堅調が予想される。個別では、先回り的に買い戻しの動きが出ているが、昨日決算を発表した信越化<4063>やアドバンテスト<6857>は想定内ではありながらコンセンサスを上回っており、よりアク抜け感が強まるかを見極めたいところである。引き続き強含みになるようだと、ハイテク株への見直しが強まり、日経平均を押し上げる格好にもなりそうだ。一方で、米キャタピラーの4-6月期決算が低調だったため、コマツ<6301>や日立建機<6305>などはさえない動きを強いられよう。他方、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測されたコスモス薬品<3349>、ミネベア<6479>、TDK<6762>、太陽誘電<6976>、村田製<6981>、ソフトバンクG<9984>などに注目。《US》
株式会社フィスコ

最終更新:7月25日(木)9時04分

フィスコ

 

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン