ここから本文です

小松ウオールが続急伸、公共施設やオフィス向け好調で第1四半期営業利益は前年比3倍

7月24日(水)9時15分配信 みんなの株式

現在値
小松ウオル 2,405 +16
 小松ウオール工業 <7949> が続急伸している。23日の取引終了後に発表した第1四半期(4~6月)単独決算が、売上高76億2000万円(前年同期比12.5%増)、営業利益3億8400万円(同3.0倍)、純利益2億4400万円(同3.7倍)と大幅増益となったことが好感されている。

 学校や体育施設などの公共施設向けや、オフィス、福祉・厚生施設向けなどに可動間仕切りや固定間仕切り、トイレブース、移動間仕切りの売り上げが好調に推移。また、業務の効率化を図るなど生産性の向上に努めたことも寄与した。

 なお、20年3月期通期業績予想は、売上高362億円(前期比4.5%増)、営業利益33億円(同8.3%増)、純利益22億5000万円(同9.8%増)の従来見通しを据え置いている。

出所:minkabuPRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新:7月24日(水)9時15分

みんなの株式

 

情報提供元(外部サイト)

みんなの株式

みんなの株式

ミンカブ・ジ・インフォノイド

株式投資の総合サイト

「みんなの株式」はみんなが集まる、みんな
で作る金融投資情報サイト。目標株価や売買
予想などで、個人投資家の個別株投資を強力
にナビゲートします!

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン