ここから本文です

日経平均は続伸、半導体株などに買い継続、アドバンテス年初来高値/相場概況

7月24日(水)15時45分配信 フィスコ

現在値
SUMCO 1,294 -11
ルネサスエ 630 +8
ソニー 5,903 +52
アドテスト 4,150 -25
太陽誘電 2,023 -71
 日経平均は続伸。23日の米国市場でNYダウは続伸し、177ドル高となった。主要企業の決算や債務上限引き上げでの与野党合意が好感され、米中通商協議の進展期待も相場を押し上げた。時間外取引では半導体大手などが決算を受けて上昇。本日の日経平均はこうした流れを引き継いで106円高からスタートした。前日に続き半導体関連株、電子部品株などが買われ、日経平均は前場に一時21744.88円(前日比124.00円高)まで上昇。ただ前日までの値上がりで利益確定の売りも出て、21700円を挟みこう着感を強めた。


 大引けの日経平均は前日比88.69円高の21709.57円となった。東証1部の売買高は9億9505万株、売買代金は1兆8437億円だった。業種別では、鉱業、電気機器、石油・石炭製品が上昇率上位だった。一方、鉄鋼、水産・農林業、建設業が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の56%、対して値下がり銘柄は39%となった。


 個別では、売買代金トップのソフトバンクG<9984>や東エレク<8035>、トヨタ自<7203>、ソニー<6758>などが堅調。ソフトバンクGは傘下のファンドを通じて出資する米ウィーワークが9月にも上場すると報じられた。半導体関連株ではSUMCO<3436>やアドバンテス<6857>、電子部品株では村田製<6981>や太陽誘電<6976>が大きく上昇。本日引け後に決算発表を予定していたアドバンテスだが、およそ3カ月ぶりに年初来高値を更新した。ルネサス<6723>などは東証1部上昇率上位に顔を出した。


 一方、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、三井住友<8316>が小安い。7月既存店売上高が2ケタ減収となったしまむら<8227>は3%超下落し、第1四半期決算を発表した東製鉄<5423>は4%超の下落。キヤノンMJ<8060>も決算を受けて売り優勢だった。また、レーティング引き下げ観測のベクトル<6058>などが東証1部下落率上位に顔を出した。《HK》
(マーケット概況)
株式会社フィスコ

最終更新:7月24日(水)15時47分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン