ここから本文です

キヤノ電子が急落、上期は18.4%の営業減益

7月24日(水)15時57分配信 モーニングスター

現在値
キヤノン電 1,749 +2
 キヤノン電子 <7739> が急落。23日引け後の決算発表で、19年12月期上期(19年1-6月)の連結営業利益が18.4%の減益となったことが嫌気されている様子。株価は前日比73円安の1855円まで値を下げた。

 19年12月期上期は、売上高444億6500万円(前年同期比2.9%減)、営業利益45億4300万円(同18.4%減)。スマートフォンのカメラ機能の充実により、デジタルカメラ市場に厳しい状況が続く中、主力の「コンポーネント」の営業利益は41億4600万円(同9.9%減)に減少。「電子情報機器」もスキャナー関連、ハンディターミナル関連、レーザープリンター関連の伸び悩みにより、営業利益は15億4700万円(同26.9%減)にとどまった。

 24日終値は、前日比67円安の1861円。

提供:モーニングスター社

最終更新:7月24日(水)15時57分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン