ここから本文です

タツタ線が急落、上期および通期の業績予想を下方修正

7月24日(水)14時27分配信 モーニングスター

現在値
タツタ線 432 +1
 タツタ電線 <5809> が急落。23日引け後の決算発表で、20年3月期上期(19年4-9月)、および通期の連結業績予想を下方修正したことが嫌気され、株価は前日比53円安の462円まで値を下げている。

 20年3月期上期について、予想売上高を従来の310億円から288億円(前年同期比4.0%減)に、営業利益を29億円から17億円(同36.1%減)にそれぞれ減額。通期は、売上高を615億円から575億円(前期比0.9%減)に、営業利益を50億円から35億5000万円(同12.7%減)に引き下げている。上期において、貿易摩擦長期化、携帯端末市場低迷等に伴い、機能性フィルム、機器用電線の販売が減少する見通しであることが主な要因。20年3月期第1四半期(19年4-6月)は、売上高134億500万円(前年同期比8.1%減)、営業利益4億2900万円(同64.6%減)だった。

 午後2時25分現在の株価は21円安の494円。

提供:モーニングスター社

最終更新:7月24日(水)14時27分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン