ここから本文です

【ディーラー発】豪ドル軟調(東京午前)

7月24日(水)10時45分配信 セントラル短資FX

「豪ウエストパック銀行、RBAによる利下げ予想時期を前倒し」との報道を受け、豪ドル売りが強まる展開。対ドルで0.6977付近まで、対円で75円50銭付近まで値を落とした。ドル円は上昇して寄り付いた日経平均を支えに108円27銭付近まで買われたものの、株価の伸び悩みや仲値に向けた売りに押され一時108円12銭付近まで反落。他クロス円ではユーロ円が120円55銭付近まで小幅に軟化したほか、ポンド円が134円55銭前後で上値重く推移している。10時44分現在、ドル円108.218-221、ユーロ円120.597-601、ユーロドル1.11440-443で推移している。

最終更新:7月24日(水)10時45分

セントラル短資FX

 

【あわせて読みたい】

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン