ここから本文です

個別銘柄戦略:スクリーンHDやアルバックに注目

7月23日(火)9時01分配信 フィスコ

拡大写真
現在値
アサヒGH 5,218 -73
R-API 544,000 -6,000
TKP 4,655 +15
オリランド 15,150 -40
アルバック 4,895 +45
週明け22日の米国市場は、NYダウが17.70ドル高の27171.90、ナスダック総合指数が57.65pt高の8204.14、シカゴ日経225先物が大阪日中比30円高の21390円。米国市場で、ゴールドマン・サックスが米半導体製造装置メーカーの投資判断を引き上げた流れから、本日の東京市場においても、決算を控えた東京エレクトロン<8035>やアドバンテスト<6857>などハイテク株に対する買い戻しを誘う可能性があろう。ただ、4-6月期決算発表を前に上値追いには慎重な雰囲気が予想され、米株高を消化した後は個別物色に移行しよう。前日に急落したアサヒ<2502>や5営業日ぶりに小反発したファーストリテ<9983>などに対する短期資金の動向も注視しておきたいところである。他方、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測されたAPI<3279>、TKP<3479>、OLC<4661>、アルバック<6728>、SCREEN<7735>などに注目。《US》
株式会社フィスコ

最終更新:7月23日(火)9時04分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン