ここから本文です

日経平均は大幅反発、景気敏感株など買われ200円超高、ソフバンG4%高/相場概況

7月23日(火)15時43分配信 フィスコ

現在値
ローツェ 2,274 -14
ソニー 5,903 +52
ファナック 18,455 +80
村田製 4,462 -66
トヨタ 6,916 +10
 日経平均は大幅反発。22日の米国市場でNYダウは小幅に反発し、17ドル高となった。上値は重かったものの、アップルや半導体関連株が買われ相場を押し上げた。本日の日経平均もNYダウと同様に8円高と小高くスタートしたが、半導体関連などの景気敏感株やソフトバンクG<9984>といった値がさ株の一角に買いが入り、上げ幅を広げる展開となった。米国による中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)に対する制裁緩和への期待も高まり、日経平均は後場に21686.53円(前日比269.74円高)まで上昇する場面があった。


 大引けの日経平均は前日比204.09円高の21620.88円となった。東証1部の売買高は9億1951万株、売買代金は1兆6553億円だった。業種別では、海運業、繊維製品、石油・石炭製品が上昇率上位で、その他も全般堅調。下落したのは証券、電気・ガス業の2業種のみだった。東証1部の値上がり銘柄は全体の76%、対して値下がり銘柄は20%となった。


 個別では、前述のソフトバンクGが売買代金トップで4%の上昇。傘下の米スプリントと同業TモバイルUSの合併計画について、米司法省が24日にも承認の公算などと報じられた。半導体関連では東エレク<8035>が3%高となり、村田製<6981>などの電子部品株やファナック<6954>などの設備投資関連株も揃って堅調。川崎船<9107>が6%超高となるなど海運株の上げが目立った。その他ではトヨタ自<7203>やソニー<6758>が小じっかり。また、ローツェ<6323>などが東証1部上昇率上位に顔を出した。


 一方、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、ダイキン工<6367>はさえない。オービック<4684>は堅調な決算だったが、朝高後にマイナス転換。前日の取引時間中に決算発表したOBC<4733>は急反落し、三桜工<6584>などとともに東証1部下落率上位に顔を出した。《HK》
(マーケット概況)
株式会社フィスコ

最終更新:7月23日(火)16時27分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン