ここから本文です

OKI、補修・補強設計業務支援サービスを追加提供

7月23日(火)7時32分配信 モーニングスター

現在値
OKI 1,483 -12
 沖電気工業(OKI) <6703> は22日、提唱する「インフラモニタリングソリューション」のひとつである「インフラの見える化ソリューション」のラインアップに「補修・補強設計業務支援サービス」を新たに加え、提供を開始したと発表した。

 「インフラモニタリングソリューション」とは、同社が提唱するインフラ構造物・設備の維持管理業務向けにAI(人工知能)などのIoT(モノのインターネット)活用技術による、運用の異なる現場に合わせたコーディネートを段階的かつ効率的に実現するソリューションコンセプト。今回開始するサービスは、補修・補強設計業務において実施する現場作業で「インフラ点検レポートサービス」の既存機能により収集した写真やスケッチなどのデータから、補修・補強設計に必要な変状・損傷集計データを円滑に取得することができるという。それにより、技術者が事務所で行う補修・補強設計業務の大幅な効率化を実現するとしている。

 22日終値は、前週末比6円高の1369円。

提供:モーニングスター社

最終更新:7月23日(火)7時32分

モーニングスター

 

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン