ここから本文です

小野測器が急落し年初来安値、上期および通期の業績予想を下方修正

7月23日(火)14時43分配信 モーニングスター

現在値
小野測器 502 -1
 小野測器 <6858> が急落。22日引け後に、19年12月期上期(19年1-6月)および通期の連結業績予想を下方修正したことが嫌気されている様子。株価は前日比22円安の519円まで値を下げ、7月18日の年初来安値540円を更新している。

 19年12月期上期について、予想売上高を従来の68億円から61億7200万円(前年同期比18.7%減)に、営業損益を4億円の黒字から7100万円の赤字(前年同期は7億5300万円の黒字)にそれぞれ減額。通期は売上高を140億円から130億円(前期比10.0%減)に、営業利益を9億円から2億円(同79.2%減)に引き下げている。

 上期は、「特注試験装置及びサービス」の受注は好調に推移したものの、売上高が主に特注試験機において、顧客指定納期が当期内となる案件が少なかったこと、および主に「計測機器」において、想定以上に様子見の傾向が強かったことが要因。通期は、特注試験装置は受注が好調であるものの、翌期の売上となる案件が多いこと、また、「計測機器」については足元の状況に若干の改善傾向が見られ、今後は緩やかに回復すると期待されるものの、上期の減少分を補うには至らないことを織り込んだ。

 午後2時34分現在の株価は16円安の525円。

提供:モーニングスター社

最終更新:7月23日(火)14時43分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン