ここから本文です

後場コメント No.3  日立、NEC、浜ゴム、シャープ、ミロク情報、インフォマート、オークマなど

7月22日(月)15時03分配信 トレーダーズ・ウェブ

現在値
インフォM 1,690 +18
LINE 4,040 +30
浜ゴム 2,194 +22
日立 3,985 -80
NEC 4,615 -95
★13:03  OKI-底堅い 「補修・補強設計業務支援サービス」を提供開始
 OKI<6703>が底堅い。同社は22日に、「インフラの見える化ソリューション」のラインアップに「補修・補強設計業務支援サービス」を新たに加え、その提供を開始すると発表した。

 このサービスは、補修・補強設計業務において実施する現場作業で「インフラ点検レポートサービス」の既存機能により収集した写真やスケッチなどのデータから、補修・補強設計に必要な変状・損傷集計データを円滑に取得することができるという。これにより、技術者が事務所で行う補修・補強設計業務の大幅な効率化を実現するとしている。

★13:11  LINE-SMBC日興が投資判断を「2」に引き上げ 業績底打ちへ
 LINE<3938>が続伸。SMBC日興証券では、株価調整が進み割高感が後退、業績も底打ちのタイミングと判断。投資評価を「3」から「2」へ引き上げた。目標株価は3200円を継続している。

 19.12~23.12期のSMBC日興業績予想に変更はないとするものの、四半期ベースでの業績底打ちが近付いてきていると予想しており、投資スタンスも見直しが必要なタイミングと考えている。「LINE Pay」戦略事業への先行投資的な費用増により、四半期の営業損益は19.12期1Qが-78億円の赤字転落、2Qも-90億円と赤字拡大を予想しているが、2Qが底とみている。戦略事業での費用増ペースの緩和、コア事業の広告収入増にともなう利益増により 3Qは-62億円、4Qは-33億円と改善を見込んでいる。
 

★13:13  エムティーアイ-4日続落 琉球銀行が「モバイルコンバートエンタープライズ」導入
 エムティーアイ<9438>が4日続落。同社は22日に、企業のPCサイトをスマホサイトへ自動変換するサービス「モバイルコンバートエンタープライズ」を、琉球銀行<8399>のCRMシステムなどの社内システムに導入したと発表した。

 これにより、琉球銀行の嘱託および臨時雇用員を含む約1900名の全従業員が、時間と場所を選ばずにスマホを使って社内システムへアクセスすることが可能になり、業務効率化をはじめとする働き方の改善を実現するとしている。しかし、株価へのポジティブな影響は限定的だ。

★13:42  日立製作所-底堅い モーター関連設備の異常発生自動検知する予兆診断ソリューション提供へ
 日立製作所<6501>が底堅い。同社は22日に、さまざまなプラントのモーター関連設備において、電流データをもとに、AIを活用して異常発生の自動検知を行う予兆診断ソリューションの提供を開始すると発表した。

 このソリューションは、現場機器に直接センサーを設置する必要が無く、制御盤に搭載されている、もしくは制御盤内に新たに設置する電流センサーからのセンシングデータをもとに診断が行えるという。これにより、ソリューション導入時の初期コストを抑えるとともに、遠隔による設備の予兆診断により保守コストの低減と設備の安定稼働を実現するとしている。

★13:50  NEC-反落 プライベートLTE(sXGP)システム開発 20年初頭に商用出荷開始予定
 NEC<6701>が反落。同社は22日に、1.9ギガヘルツ周波数帯を使用した自営通信用TD-LTE規格であるsXGPに対応したプライベートLTEシステムを開発したと発表した。

 プライベートLTEは、LTE方式を用いた、企業などが自ら運用する自社専用のローカル無線通信ネットワーク。プライベートLTEを活用することで、病院や工場・倉庫などで、特定のユーザや用途向けに独自のLTEネットワークを構築することが可能という。同社では、長年培った通信事業者向けモバイルネットワーク技術と企業向けネットワークのノウハウを生かして製品化を進め、2020年初頭に商用出荷を開始する予定としている。しかし、株価へのポジティブな影響は限定的だ。

★13:54  横浜ゴム-底堅い バイオエタノールからブタジエンを生成する触媒システムを開発
 横浜ゴム<5101>が底堅い。同社は22日、国立研究開発法人産業技術総合研究所と先端素材高速開発技術研究組合との共同研究により、インフォマティクスを活用し、バイオエタノールからブタジエンを生成する世界最高の生産性を有する触媒システムを開発したと発表した。

 タイヤの主原料のひとつである合成ゴムの元となるブタジエンは現在、石油精製の副産物として工業的に生産されているが、バイオマスからの生産技術の確立により、石油への依存度低減やサステナブルな原料調達の促進が期待できるとしている。
 

★14:00  シャープ-続伸 プラズマクラスター技術が水虫菌に抑制効果を発揮することを実証
 シャープ<6753>が続伸。同社は22日に、プラズマクラスター技術が国内で感染する水虫菌の約90%を占める2種類の白癬(はくせん)菌に対して抑制効果を有すること、また菌の「胞子」に加えて「菌糸」に対しても抑制効果を発揮することを実証したと発表した。

 2018年、同社はプラズマクラスターによる一般家庭で繁殖するカビの約80%を占める5種類のカビへの生育ステージ別の抑制効果を実証したが、今回、白癬菌の生育ステージのうち「胞子」と「菌糸」に対しての抑制効果を実証したとしている。

★14:01  ミロク情報サービス-底堅い インフォマートの電子請求システムとAPI連携を開始
 ミロク情報サービス<9928>が底堅い。同社は22日、インフォマート<2492>の電子請求システム「BtoBプラットフォーム 請求書」と同社の電子請求システム「BtoBプラットフォーム 請求書」とのAPI連携を開始したと発表した。

 連携により「BtoBプラットフォーム 請求書」で作成・発行した請求書データ(売掛金)を同社のERPシステムに自動連携し、仕訳データとして取り込むことが可能になるとしている。
 

★14:07  オークマ-続伸 中小型の旋盤などの組み立て棟を本社工場に新設 日経報道
 オークマ<6103>が続伸。日本経済新聞電子版は22日13時12分に、同社が中小型の旋盤などの組み立て棟を本社工場(愛知県大口町)に新設すると報じた。

 記事によれば、2020年度にも着工し、隣接する部品棟と一貫生産の体制が整うという。中国経済の減速懸念などで工作機械の受注が苦戦するなか、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」などの活用で生産性を2倍に高めるとしている。
東野

最終更新:7月22日(月)15時03分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ ウェブ FX

トレーダーズ・ ウェブ FX

DZHフィナンシャルリサーチ

FXトレーダーの注目を集める
リアルタイムオーダーはこちら!

月額2,000円(税別)

トレーダーズ・ウェブでは、FXトレーダー注目の「オーダー情報」はもちろん、トレーディングに役立つ豊富な情報が無料でご覧いただけます!

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン