ここから本文です

日経平均は72円安でスタート、アサヒや資生堂が軟調

7月22日(月)9時27分配信 フィスコ

現在値
アサヒGH 5,080 -57
第一三共 7,305 +73
資生堂 7,546 -72
村田製 6,582 -2
ソフトBG 4,334 +45
日経平均 : 21394.75 (-72.24)
TOPIX : 1559.24 (-4.72)


 7月22日の日経平均は前週末比72.24円安の21394.75円と反落でスタート。19日の米国株式相場でダウ平均は68.77ドル安の27154.20、ナスダックは60.75ポイント安の8146.49で取引を終了。マイクロソフトの好決算などが好感され買いが先行。ただし、その後は米中高官が電話協議を実施したことが伝わり、今後の米中協議を見極めたいとの思惑が広がったほか、イラン情勢を巡る地政学リスクへの懸念から下落に転じた。シカゴ日経225先物清算値は大阪比115円安の21265円。なお、21日に投開票が行われた第25回参院選は、与党の自民・公明両党は改選過半数の63議席を上回った。参院選を無事に通過したものの、日米決算の本格化、日米貿易交渉など手控え要素も引き続き多く、本日の日経平均は売りが先行する展開に。 売買代金上位では、ソフトバンクG<9984>、村田製<6981>などが堅調な反面、5%安のアサヒ<2502>を筆頭に、資生堂<4911>、第一三共<4568>などが軟調な展開。業種別では、精密機器、食料品、水産農林などが下落率上位にランクインしている。《US》
株式会社フィスコ

最終更新:7月22日(月)9時48分

フィスコ

 

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン