ここから本文です

日経平均は60円程度安、前週末の反動や米株安で売り先行も下げ渋る動きに=22日寄り付き

7月22日(月)9時30分配信 モーニングスター

現在値
日水 611 +1
マルハニチ 2,706 +24
アサヒGH 4,984 +81
JT 2,229 +12
武田薬 3,548 -3
 22日午前9時24分すぎの日経平均株価は、前週末比60円程度安い2万1410円近辺で推移する。午前9時8分には、同149円14銭安の2万1317円85銭を付けている。前週末19日に大幅反発した反動や、現地19日の米国株式が下落した動きなどから、売りが先行した。21日投開票の第25回参議院選挙は、与党が過半数を維持したが、反応は限定的のようだ。手掛かり材料に乏しいなか、売り一巡後はやや下げ渋る動きとなっているもよう。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、19日の大阪取引所終値比115円安の2万1265円だった。

 業種別では、オリンパス <7733> 、HOYA <7741> などの精密機器株や、アサヒ <2502> 、JT <2914> などの食料品株が下落。日水 <1332> 、マルハニチロ <1333> などの水産農林株や、武田薬 <4502> 、アステラス薬 <4503> などの医薬品株も安い。大日印 <7912> 、任天堂 <7974> などのその他製品株や、ジャックス <8584> 、オリックス <8591> などのその他金融株も軟調。JAL <9201> 、ANA <9202> などの空運株や、JR東日本 <9020> 、JR東海 <9022> などの陸運株も下げている。

 個別では、グロバル社 <3271> 、アジュバン <4929> 、Gunosy <6047> 、パイプドHD <3919> 、力の源HD <3561> などが下落。半面、ダントーHD <5337> 、SMN <6185> 、IDOM <7599> 、山一電機 <6941> 、セラク <6199> などが上昇している。

 東京外国為替市場は午前9時24分時点で、1ドル=107円台の後半(前週末19日終値は1ドル=107円64-65銭)、1ユーロ=120円台の後半(同121円25-29銭)で取引されている。

提供:モーニングスター社

最終更新:7月22日(月)9時30分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン