ここから本文です

米国株式市場:大幅利下げへの期待感が後退、NYダウ・ナスダック反落

7月22日(月)7時46分配信 モーニングスター

 前週末19日の米国株式は、反落した。NYダウが前日比68.77ドル安の2万7154.20ドル、ナスダック総合指数が同60.754ポイント安の8146.489ポイントで取引を終了した。出来高概算は、ニューヨーク市場が8億242万株、ナスダック市場が18億9169万株。

 米ウォール・ストリート・ジャーナルの電子版は、今月末のFOMC(米連邦公開市場委員会)において0.25%の利下げが行われる可能性が高いと報道。大幅な利下げへの期待感が後退したことや、週末のポジション調整の売りに押され、軟調な展開となった。NYダウ採用銘柄では、アメリカン・エキスプレスやトラベラーズ、メルクなどが値下がり率の上位に入っている。

 シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、19日の大阪取引所終値比115円安の2万1265円だった。

提供:モーニングスター社

最終更新:7月22日(月)7時46分

モーニングスター

 

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン