ここから本文です

アルインコが急落、第1四半期順調も材料出尽くし感

7月22日(月)14時14分配信 モーニングスター

現在値
アルインコ 1,106 -24
 アルインコ <5933> が急落。19日引け後の決算発表で、20年3月期第1四半期(19年3月21日-6月20日)の連結業績は順調な推移を示したが、いったん材料出尽くしの動き。株価は前週末比69円安の952円まで値を下げている。

 20年3月期第1四半期は、売上高136億8100万円(前年同期比6.9%増)、経常利益8億3900万円(同4.2%増)。東京オリンピック・パラリンピック関連の建設工事が終盤に差し掛かる一方で、老朽化した社会インフラの改修・整備や首都圏および主要都市における再開発案件などにより、政府建設投資・民間建設投資ともに堅調に推移する中、主力の「建設機材関連事業」が新型足場「アルバトロス」の好調な推移により、経常利益を6億5000万円(同25.1%増)に伸ばして全体をけん引した。

 会社側は上期(19年3月21日-9月20日)の連結経常利益予想16億8000万円(同1.3%増)を据え置いたが、第2四半期(6月21日-9月20日)の予想経常利益は計算上8億4000万円(同1.5%減)となり保守的な印象。

 午後2時9分現在の株価は35円安の986円。

提供:モーニングスター社

最終更新:7月22日(月)14時14分

モーニングスター

 

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン