ここから本文です

東京外国為替市場概況・17時 ポンド、軟調

7月22日(月)17時06分配信 トレーダーズ・ウェブ

 22日午後の東京外国為替市場でポンドは軟調。英タンカー拿捕を巡って英政府がイランに対する制裁を検討していると先週末に英紙サンデー・テレグラフが報じたことを背景に英・イラン関係の悪化懸念が燻るなか、欧州勢が売りで参入。対ドルでは一時1.2476ドルと先週末安値に面合わせしたほか、ユーロポンドは0.8991ポンドまでポンド安が進んだ。今週は英保守党党首(事実上の次期英首相)が決定することも警戒感を高めている。

 ドル円は弱含み。17時時点では107.86円と15時時点(107.97円)と比べて11銭程度のドル安水準だった。108.00円に観測されているオプション絡みの売りに押されたほか、時間外の米10年債利回りが低下したことを受けて107.80円台まで値を下げた。

 ユーロ円は上値が重い。17時時点では121.02円と15時時点(121.12円)と比べて10銭程度のユーロ安水準だった。ドル円やポンド円などの売りに押される形で一時121.00円を割り込んだ。

 ユーロドルは17時時点では1.1219ドルと15時時点(1.1218ドル)と比べて0.0001ドル程度のユーロ高水準だった。米金利低下に伴って1.1224ドルまで上げたが、日足・一目均衡表雲下限の1.1228ドルがレジスタンスとして意識されるなど上値は限られた。

本日これまでの参考レンジ
ドル円:107.70円 - 108.07円
ユーロドル:1.1208ドル - 1.1224ドル
ユーロ円:120.79円 - 121.17円
越後

最終更新:7月22日(月)17時06分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

株・為替ニュースでおなじみのトレーダーズ・ウェブ では、個人投資家注目の話題の銘柄や反転シグナル点等銘柄が毎日キャッチできる豊富なコンテンツを提供しています!

【あわせて読みたい】

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン