ここから本文です

ロンドン為替見通し=イベント乏しく、欧州通貨は限定的なレンジにとどまりそう

7月22日(月)13時38分配信 トレーダーズ・ウェブ

 ロンドンタイムは、為替の大きな動意につながりそうな特段のイベントがなく、欧州通貨は限られたレンジにとどまるか。
 25日の欧州中央銀行(ECB)理事会を前に、市場の思惑はハト派な方向へ傾きがち。だが、一時50bpの利下げを織り込みかけた米連邦公開市場委員会(FOMC)も、25bpの利下げ織り込みに落ち着きつつある。
 各国の金融政策への影響が大きいFOMCに対する前のめりな姿勢が修正され、一時は今週の利下げへの意識を高めたECBについても、市場は9月利下げの見方を固めていくだろう。
 今週のECB声明やドラギ総裁の会見では、9月利下げを前提としたハト派な内容が示され、ユーロが下振れる可能性はある。だが、当日までは突っ込み気味にユーロを売り込むことは回避されそうだ。


・想定レンジ上限
 ユーロドルは週足一目均衡表・基準線1.1311ドル、ユーロ円は一目均衡表の日足・基準線および週足・転換線122.07円。

・想定レンジ下限
 ユーロドルは5月30日安値1.1116ドル、ユーロ円は7月1日から3日の下落幅によるN計算値120.28円。
関口

最終更新:7月22日(月)13時38分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

株・為替ニュースでおなじみのトレーダーズ・ウェブ では、個人投資家注目の話題の銘柄や反転シグナル点等銘柄が毎日キャッチできる豊富なコンテンツを提供しています!

【あわせて読みたい】

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン