ここから本文です

今日の株式見通しー軟調か 米国では大幅な利下げへの期待が後退

7月22日(月)8時18分配信 トレーダーズ・ウェブ

 東京市場は堅調か。先週末の米国株は下落。ダウ平均は68ドル安の27154ドルで取引を終えた。主要3指数はそろって上昇して始まったものの、中東情勢緊迫化の懸念に加えて、FRBは0.50%の利下げは準備していないとウォールストリート・ジャーナルが報じたことなどから、終盤にかけて失速した。ドル円は足元では107円70銭近辺で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて115円安の21265円、ドル建てが120円安の21270円で取引を終えた。

 米国株の下落を受けて売りが優勢の展開を予想する。参院選は与党が改選過半数の63議席を上回ったものの、「改憲勢力」は3分の2を割り込んだと報じられている。政権の安定は担保される結果とはなったが圧勝とは言えず、マーケットへの反応も限定的となるだろう。週後半には4-6月期の決算発表が本格化し、翌週にはFOMCを控えるなか、安く寄った後は様子見姿勢の強い地合いが続くと予想する。日経平均の予想レンジは21200円-21450円。

最終更新:7月22日(月)8時18分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

株・為替ニュースでおなじみのトレーダーズ・ウェブ では、個人投資家注目の話題の銘柄や反転シグナル点等銘柄が毎日キャッチできる豊富なコンテンツを提供しています!

【あわせて読みたい】

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン