ここから本文です

<特集>好調小売りをマーク(3)=ライフコーポ―好調な利益進ちょくで見直し好機

7月21日(日)8時21分配信 モーニングスター

現在値
ライフコポ 2,096 +10
 ライフコーポ <8194> をマークしたい。同社の20年2月期第1四半期(19年3-5月)の連結決算は、売上収益1759億6000万円(前年同期比3.1%増)、営業利益が33億1100万円(同23.5%増)だった。採用強化や時給アップに伴う人件費、運賃・光熱費の上昇による物件費等のコスト増加が発生したものの、投資効果や商品政策をはじめとする各種施策が奏功し、増益を確保した。第2四半期(19年3-8月)の業績予想は、営業収益3550億円(前年同期比2.0%増)、営業利益48億円(同3.2%増)を据え置き。第1四半期決算の第2四半期業績予想に対する進ちょく率は、営業収益で49.6%、営業利益は69.0%で好調な利益進ちょくとなっている。また、アマゾンジャパン合同会社が運営するAmazon「Prime Now」に、食品スーパーとして国内初出店することが決定しており、業績への寄与が期待される。

 株価は、10日の第1四半期決算を受け、11日には直近高値となる2417円を付ける場面もみられた。その後は、全体相場がさえない動きとなったことから調整入りしているが、好業績を背景に見直しの動きが進みそうだ。

提供:モーニングスター社

最終更新:7月21日(日)8時21分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン