ここから本文です

【ディーラー発】ドル円一時買い強まる(NY午後)

7月20日(土)4時50分配信 セントラル短資FX

米セントルイス連銀総裁の「今月末のFOMCでは0.25%の利下げを実施すると予想」等の発言が伝わると、ドル買いが強まる状況。ドル円は107円97銭付近まで続伸する一方、ユーロドルが一時1.1203付近まで下値を拡大し、ポンドドルも1.2475付近まで売られる場面が見られた。しかしその後、ドル円は急ピッチに買われた反動から107円68銭付近まで一転反落する『往って来い』の展開となっている。4時49分現在、ドル円107.736-739、ユーロ円120.844-848、ユーロドル1.12163-166で推移している。

最終更新:7月20日(土)4時50分

セントラル短資FX

 

【あわせて読みたい】

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン