ここから本文です

【ディーラー発】カナダドル売り一時強まる(NY午前)

7月20日(土)0時54分配信 セントラル短資FX

加・小売売上高の予想比下振れが嫌気されカナダドル売りが先行。ドルカナダが1.3109付近まで急伸する一方、カナダ円が82円18銭付近まで急落しカナダドルが弱含む状況。また、ユーロは対ドルで1.1214付近まで、対円で120円81銭付近まで値を下げ、ポンドも対ドルで1.2493付近まで、対円で134円55銭付近まで反落するなど欧州通貨が軟調。そうした中、ドル円は一時107円78銭付近まで上値を拡大したものの、その後伸び悩むと現在は107円70銭前後で揉み合い。0時54分現在、ドル円107.728-731、ユーロ円120.918-922、ユーロドル1.12241-244で推移している。

最終更新:7月20日(土)0時54分

セントラル短資FX

 

【あわせて読みたい】

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン