ここから本文です

【今週読まれた記事】“知の融合”で飛躍する材料株を発掘!

7月20日(土)6時30分配信 株探ニュース

 株探でその週によく読まれた記事を紹介する【今週読まれた記事】のコーナー、今週は7月13日から19日までの株探へのアクセス状況を元に人気の記事をご紹介します。

 「他人を羨むな。親の教えはこれだったが、NYダウやS&P500の動きを見ると、正直これらが羨ましくなる」――と、率直にこのような感想を語るのは、大人気相場コラム「【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 成長なくして株価上昇なし!」の北浜氏。好調な米国市場に追随できない日本の状況を嘆きながらも、「なにがなんでも収益の向上好転、事業の成長拡大に熱心な企業に投資するようにしたい。成長なしに株の上昇もないからだ」と、日本株への投資で勝負する際に重視すべき事柄とともに推奨銘柄を挙げ、今週も安定のアクセスランキング上位入りとなっています。

 今週の相場コラムでは、米国株に対して日本株のパフォーマンスが悪い点についての言及が多く見られました。「富田隆弥の【CHART CLUB】 『7月下旬まで日本株は上昇の可能性』」の富田氏は、「この冴えない日本株の背景には、やはり10月に控える消費税引き上げへの警戒感が大きく、また米中貿易摩擦の影響で中国経済の鈍化も懸念されることがあろう」と分析。<相場観特集>で見通しを伺った松井証券シニアマーケットアナリストの窪田朋一郎氏は、米国株の好調が利下げ期待を背景にしていることから「日本は日銀の金融政策にこれ以上の緩和の余地が乏しいことが株価の上値を重くしている」と指摘しています。

 そのほか、相場コラムはどの記事も人気となっています。今後の展望を予想する上で欠かせない情報が満載です。お見逃しなく。

  【植木靖男の相場展望】 ─ 金ETF、REITなどの投資も面白い
  植草一秀の「金融変動水先案内」 ―トランプ大統領の柔軟性と増税強行の頑迷さ

  檜和田浩昭氏【最高値街道の米株を横目に閑散、日本株の先行きは】(2) <相場観特集>


 今週のアクセスランキングトップを獲得したのは、「表面的には見えにくいが、現在のマーケットに底流している物色テーマはAIやIoTと伝統的商業モデルの融合であり、その担い手となる企業に買いの矛先が向いている」と指摘し、「AIやIoTとの知の融合により飛躍に向け新たな一歩を踏み出した業界」から7銘柄を“精選”した「AI&IoT“知の融合”、『覚醒する新世紀材料株』精選7銘柄 <株探トップ特集>」となりました。“AI”“IoT”などの先端技術は期待先行で注目を浴びるものですが、それらが様々な商品・サービスに活用され浸透する時期がいよいよ到来しています。その中で特に飛躍する可能性の高い銘柄を選出しており、必見の記事といえます。なお、改めて人工知能に関する解説がされている「『人工知能』関連がランキング2位、AI人材にもマーケットの熱視線<注目テーマ>」もランキング上位入りとなっています。

 また、有望テーマに乗った材料株を紹介して先週トップに輝いた「この株が夏相場の主役! ワケあり爆騰候補生『選りすぐり7銘柄』 <株探トップ特集>」、有力テーマ“脱プラスチックへと繋がる「廃プラスチック」の話題を追った「相次ぐ急動意株、『廃プラ関連』に流れ込む投資マネーを追え <株探トップ特集>」の2記事は、先週に続いて連続ランキング入りとなりました。そのほか投資テーマ関連の記事では、以下もよく読まれています。

  「教育ICT関連」に新潮流、最先端技術で学力底上げを担う本命&穴株 <株探トップ特集>
  新無線通信規格「Wi-Fi6」関連に熱視線 5G時代に翔ぶ有望株 <株探トップ特集>
  REITに続け、「金利低下」+「敵対的M&A」で要マークの不動産株7選 <株探トップ特集>


 好業績・高利回りの企業を特集した記事では、“高進捗率”をキーワードに上方修正の期待が高い銘柄をセレクトした「スタートダッシュした2月決算企業、高進捗率の増額期待15銘柄はこれだ <株探トップ特集>」がランキングトップ10入り。また、12月期決算企業の第1四半期決算発表から“上方修正”の可能性が高い企業をリストアップした「上方修正“先回り”、19年12月期【業績上振れ】候補 30社選出 <成長株特集>」も、先週の記事にも関わらずランキング入りしています。

 “ROE(自己資本利益率)”に注目し、かつ「世界景気の先行き懸念が強まるなか、外部環境の影響を受けにくい内需関連の好業績銘柄」を特集した「輝く高収益、『ROE10%超』内需好業績リスト <成長株特集>」は、〔第1弾〕〔第2弾〕ともにトップ10入りする人気となりました。そのほか、定番の「5万円以下で買える」<割安株特集>などもよく読まれています。銘柄選択の参考にぜひご覧下さい。

  輝く高収益、「ROE10%超」内需好業績リスト〔第1弾〕29社選出 <成長株特集>
  輝く高収益、“ROE10%超”内需好業績リスト〔第2弾〕27社選出 <成長株特集>

  利益成長“青天井”銘柄リスト〔3-5月期〕 22社選出 <成長株特集>

  5万円以下で買える、高利回り&低PER「お宝候補」21社【東証1部】編 <割安株特集>
  5万円以下で買える、高利回り&低PER「お宝候補」19社【2部・新興】編 <割安株特集>

  注目が高まる【REIT】高利回りベスト30 <割安株特集> 7月17日版
  7月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集>
  【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 7月17日版


 “株探プレミアム”専用記事では、「10年で2倍を目指していたら、10倍になってしまった」という“すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 ろくすけさんの場合”の最終回を配信。投資のストレスを緩和するのを目的に「お楽しみ」で保有している銘柄でも、大きな含み益をもたらしているろくすけさん。そのポイントについて伺っています。株探プレミアム専用記事は、非会員の方でも1ページ目がご覧いただけますので、まだお読みでない方はぜひチェックをお願いいたします。

 また、株探プレミアムは30日間の無料体験ができます。上記“プレミアム専用コラム”や広告非表示、業績予想修正履歴、最大25期の通期業績表示など多くの利点がある株探プレミアム。11日に新設された「キャッシュフロー推移」では、通常直近3期までの表示が、キャッシュフローの開示が始まった1998年から最大22期までご覧いただけます。ぜひ加入をご検討ください。


 日々多くの材料が発表されるなか、大事な材料を見逃さない定番人気記事「明日の好悪材料」「本日の【サプライズ決算】」。先週末から今週にかけて配信した記事は以下の通りです。

  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月12日発表分)
  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月16日発表分)
  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月17日発表分)
  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月18日発表分)

  ★本日の【サプライズ決算】速報 (07月12日)
  ★本日の【サプライズ決算】速報 (07月16日)
  ★本日の【サプライズ決算】速報 (07月17日)
  ★本日の【サプライズ決算】速報 (07月18日)

株探ニュース(minkabu PRESS)

最終更新:7月22日(月)8時13分

株探ニュース

 

情報提供元(外部サイト)

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン