ここから本文です

明日の戦略-先に期待をつなげる大幅高、来週はハイテク株の決算に注目

7月19日(金)16時54分配信 トレーダーズ・ウェブ

 19日の日経平均は4日ぶり大幅反発。終値は420円高の21466円。米国株高を好感して買いが優勢の展開。100円近く上昇して始まり、前場のうちに上げ幅を300円超に広げた。半導体株を中心にハイテク株が上昇をけん引した。前日とは一転して幅広い銘柄に買いが入るなか、後場に入ってもじり高基調が継続。上げ幅を400円超に広げ、ほぼ高値圏で取引を終えた。東証1部の売買代金は概算で1兆9200億円。業種別では全業種が上昇しており、騰落率上位は水産・農林、パルプ・紙、食料品、下位は不動産、石油・石炭、小売となった。不適切な営業行為が発生したことを受けて再発防止策を発表したMTGが急騰。半面、上期は大幅増益も通期見通しが失望を誘ったモバイルファクトリーが後場に入って急落した。

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり2007/値下がり102とほぼ全面高。アドバンテストが7%超の上昇となったほか、信越化学(+4.2%)、東京エレクトロン(+3.5%)など、半導体株の動きの良さが目立った。トヨタは4月の高値を上回り年初来高値を更新。業務提携を発表したハピネス&DとSOUがそろって大幅高となった。メルカリは日経新聞で前期の最終赤字が拡大したとの観測が報じられたが、足元で調整色を強めていたこともあり、悪材料出尽くしとみた買いが入った。ほか、上方修正を発表したレッグスや、証券会社が投資判断を引き上げた久光製薬が買いを集めた。一方、ファーストリテイリングが逆行安。決算が市場の期待に届かなかったGenky DrugStoresが急落した。きのう売られた銘柄の多くに見直し買いが入るなか、きのう新規上場のLink-Uは手じまい売りが優勢となり、全市場の値下がり率トップとなった。

 日経平均は420円高(21466円)と大幅上昇。きのう18日が値幅を伴った下げ(422円安)となった割にはパニック的な売られ方ではなかったため、反発も早いとはみていたが、あっさり戻してきた。26週線(21295円、19日時点、以下同じ)、13週線(21400円)、25日線(21420円)、75日線(21439円)、5日線(21440円)と、21400円近辺に集中していたテクニカルの節目もまとめて上回って終えており、先に期待をつなげた上昇といえる。とはいえ、7月2日に21784円まで上昇した後、2週連続で週間下落となっており、来週の動きは要注目。きょうのアドバンテストや東京エレクトロンなどの動きには力強さがあっただけに、ハイテク株が上向き基調を維持できるかが焦点となるだろう。特に、24日に決算を発表する信越化学と日本電産の優等生2銘柄の株価動向に注目しておきたい。


【来週の見通し】
 もみ合いか。週の半ばから4-6月期の決算発表が本格化する。1Qの段階で上方修正が多く出てくることは期待しづらく、むしろ厳しい内容となりそうではあるが、足元では業績期待はそれほど高まっておらず、全体への影響はおおむねニュートラルと考える。個別の商いが活況となる点は相場の下支えになるだろう。翌週にFOMC(7/30~31)を控えていることもあり、下値は限定的と考える。一方、今週の日本株は19日こそ大幅高となったものの、それまでは米国株の上昇にも連動できず、さえない動きが続いた。リバウンド以上の上昇が見られた場合には戻り売りが上値を抑える可能性が高い。基本的にはFOMCを前に動きづらいなか、個別重視の地合いが続くと予想する。


【今週を振り返る】
 軟調となった。米国株の高値更新基調が続いても連休明け16日の日経平均は3桁の下落となるなど、海外市場のなかで日本株の割り負け感が目立った。週末に参院選投開票を控えるなかでは商いも盛り上がらず、その後も下値を探る展開。18日には米国株が大きめの下げとなったことを嫌気して400円を超える大幅下落となり、節目の21000円を割り込んだ。一方、翌19日は一転400円超の上昇となるなど、週を通して不安定な動きが続いた。日経平均は週間では218円の下落となり、週足では7週ぶりに陰線を形成した。


【来週の予定】
 国内では、6月企業サービス価格指数(7/25)、7月都区部消費者物価指数(7/26)などがある。

 決算発表は、OBC、ADワークス、オービック、ナガワ、コーエーテクモ (7/22)、東製鉄、FDK、信越ポリ、キヤノンMJ、両毛シス、タツタ線、総メディHD、ビオフェル、KOA(7/23)、ジャフコ、帝国ホテル、日本電技、カワチ薬品、信越化、栄研化、サイバエージ、高純度化、日電産、航空電、アドバンテ、FTEC、日車輌、太平洋、キヤノン電、キヤノン、未来工業、日立ハイテク、富通ゼネ、三菱自、日新電、蝶理(7/24)、カイノス、リコーリース、ムスリー、養命酒、東エレデバ、篠崎屋、イーブック、エイトレッド、伊勢化、日立化成、NRI、日精線、アサヒHD、岡 部、東洋機械、鉱研工業、日立建、富士電機、オムロン、メルコ、新電工、オーゼックス、ネットワン、菱鉛筆、だいこう、KABU.COM、空港施設、ゴールドクレ、神奈交、メタウォーター、愛光電、ジェコス、日清粉G、システナ、レッグス、ダイトーケミ、中外薬、JCRファーマ、ソフトバンテク、ディスコ、日産自、小糸製、アイカ工、富士通(7/25)、マネックスG、エスリード、エックスネット、芙蓉リース、サカイ引越、MonotaRO、システムリサーチ、Aiming、東映アニメ、大特鋼、日立金、邦チタニウム、アイチコーポ、アマノ、マックス、山洋電、GMOFHD、ショーワ、幸楽苑HD、前田工繊、SHOEI、東エレク、PALTAC、静岡銀、アサックス、日テレHD、沖縄セルラー、NTTドコモ、関西電、三菱総研、キーエンス、日東電、椿本興、ミスミG、Vコマース、椿本チ(7/26)などが予定している。

 海外では、中国版ナスダックとなる新興ハイテク企業向け株式市場「科創版」の取引開始、米6月シカゴ連銀活動指数(7/22)、英国保守党党首選の決選投票結果を公表予定、米5月FHFA住宅価格指数、米6月中古住宅販売(7/23)、米6月新築住宅販売(7/24)、ECB定例理事会、独7月Ifo景況感指数、米6月耐久財受注(7/25)、米4-6月期GDP速報値(7/26)などが注目される。

 米企業決算では、ハリバートン(7/22)、ユナイテッド・テクノロジーズ、トラベラーズ、アメリカン・エレクトリック・パワー、バイオジェン・アイデック、コカ・コーラ、ロッキード・マーティンビザ、テキサス・インスツルメンツ(7/23)、AT&T、ボーイング、ザイリンクス、フォード・モーター、フェイスブック、キャタピラー(7/24)、3M、コムキャスト、ニューモント・マイニング、アマゾン・ドットコム、イーストマン・ケミカル、スターバックス、アルファベット、インテル、ジュニパーネットワークス(7/25)、ツィッター、マクドナルド(7/26)などが発表を予定している。
小松

最終更新:7月19日(金)16時54分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ ウェブ FX

トレーダーズ・ ウェブ FX

DZHフィナンシャルリサーチ

FXトレーダーの注目を集める
リアルタイムオーダーはこちら!

月額2,000円(税別)

トレーダーズ・ウェブでは、FXトレーダー注目の「オーダー情報」はもちろん、トレーディングに役立つ豊富な情報が無料でご覧いただけます!

【あわせて読みたい】

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン