ここから本文です

FRONTEO-大幅反発 特許調査・分析システムのグローバル版に対応

7月19日(金)11時16分配信 トレーダーズ・ウェブ

現在値
フロンテオ 260 +6
 FRONTEO<2158>が大幅反発。同社は19日11時、独自開発の人工知能「KIBIT G2」を搭載した特許調査・分析システム「Patent Explorer 19」につき、特許データベース拡充版として、これまで対応していた日本(JP)、米国(US)の特許データベースに加え、国際公開(WO)、欧州(EP)、中国(CN)に対応した新バージョンをリリースしたと発表した。

 海外の特許を調査、分析する際に国際特許や広域の特許の検索を可能にしたことで、グローバル企業の多様な知財戦略のニーズに応えることができるとしている。
 
斎藤

最終更新:7月19日(金)11時16分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ ウェブ FX

トレーダーズ・ ウェブ FX

DZHフィナンシャルリサーチ

FXトレーダーの注目を集める
リアルタイムオーダーはこちら!

月額2,000円(税別)

トレーダーズ・ウェブでは、FXトレーダー注目の「オーダー情報」はもちろん、トレーディングに役立つ豊富な情報が無料でご覧いただけます!

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン