ここから本文です

東京為替:日経平均は270円高、ドル・円は107円50銭台で強含み

7月19日(金)10時09分配信 フィスコ

19日午前の東京市場でドル・円は107円50銭台で推移。日経平均株価は270円高で推移しており、株高継続を意識してドルは強含み。新たなドル売り材料が提供されない場合、リスク回避的なドル売りが再び強まる可能性が高いとみられている。ここまでのドル・円は107円22銭から107円60銭で推移。
・ユーロ・ドルは、1.1224ドルから1.1241ドル、ユーロ・円は120円97銭から121円25銭で推移している。

■今後のポイント
・米6月住宅着工件数と建設許可件数は市場予想を下回る
・米中貿易摩擦長期化に対する警戒感残る
・7月米0.50ポイント利下げ観測

・NY原油先物(時間外取引):高値55.72ドル 安値55.97ドル 直近値55.94ドル

《FA》
株式会社フィスコ

最終更新:7月19日(金)10時12分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン