ここから本文です

<米国株情報>米マイクロソフトは時間外で堅調、市場予想上回る第4四半期業績を好感

7月19日(金)10時35分配信 モーニングスター

現在値
野村 NASDAQ-100ETF 8,370 +30
野村 NYダウ30種ETF 27,170 +220
P500米株 3,400 +25
P500 ETF 31,300 +200
SAM NYダウETF 24,990 -50
 米マイクロソフト<MSFT>が18日の時間外取引で2%超上昇した。米東部時間の18日午後7時59分時点で2.65%高の140.03ドル。18日引け後に発表した19年6月期第4四半期(4-6月)決算が市場予想を上回り、買いを誘った。

 売上高は前年比12%増の337億2000万ドル、純利益は同49%高の131億9000万ドル、希薄化後1株当たり利益(EPS)は同50%増の1.71ドルで着地。売上高、EPSともに市場予想を上回った。大幅増益となったのは売上が好調となったほか、26億ドルの税効果が含まれたため。

 クラウドサービス「ウィンドウズ・アジュール・プラットフォーム」の売上が同64%増と引き続き成長した。伸び率は約4年ぶりの低い伸びとなり、市場予想の68%増には届かなかったが、需要減少のためというより、数字のばらつきが消え、落ち着いた数字になったためとみられている。

 アジュールを軸としたクラウド事業全体の売上も同19%増の114億ドルと、クラウド事業全体の売上高は会社予想の108億5000万-110億5000万ドルやアナリスト予想の110億2000万ドルを上回る好調な結果を示した。

 会社側による20年6月期第1四半期(19年7-9月)の売上高予想は317億-324億ドル(市場予想は320億ドル)で、このうちクラウド事業の売上高を103億-105億ドルと予想した。20年6月期の通期については、2ケタ台の増収を見込んでいる。

<関連銘柄>
 NASD投信 <1545> 、NYダウ投信 <1546> 、上場米国 <1547> 、
 SPD500 <1557> 、NYダウ <1679> 、NYダウブル <2040> 、
 NYダウベア <2041>

提供:モーニングスター社

最終更新:7月19日(金)10時35分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン

外国株アクセスランキング