ここから本文です

日経平均は170円程度高、自律反発狙いの買いが先行し堅調な展開=19日寄り付き

7月19日(金)9時29分配信 モーニングスター

現在値
日水 588 ---
マルハニチ 2,654 -1
オリランド 15,170 +195
リクルトH 3,412 -110
大和証G 436.7 +7
 19日午前9時26分すぎの日経平均株価は、前日比170円程度高い2万1215円近辺で推移する。きのう18日まで3日続落していたことや、現地18日の米国株式が上昇したこともあり、自律反発狙いの買いが先行。午前9時25分には、同174円26銭高の2万1220円50銭を付けるなど、堅調な展開が続いている。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、18日の大阪取引所終値比120円高の2万1130円だった。

 業種別では、日水 <1332> 、マルハニチロ <1333> などの水産農林株や、JAL <9201> 、ANA <9202> などの空運株が上昇。大和証G <8601> 、野村 <8604> などの証券株や、第一生命HD <8750> 、東京海上 <8766> などの保険株も高い。オリエンタルランド(OLC) <4661> 、リクルートH <6098> などのサービス株や、NTTドコモ <9437> 、ソフバンG <9984> などの情報通信株も堅調。アサヒ <2502> 、JT <2914> などの食料品株や、ソニー <6758> 、キーエンス <6861> などの電機株も上げている。

 個別では、曙ブレーキ <7238> 、レッグス <4286> 、ローツェ <6323> 、ショーケース <3909> 、スクリーン <7735> などが上昇。半面、ゲンキードラ <9267> 、小松ウオール <7949> 、三洋貿易 <3176> 、高知銀行 <8416> 、PRTIME <3922> などが下落している。

 東京外国為替市場は午前9時26分時点で、1ドル=107円台の半ば(18日終値は1ドル=107円76-77銭)、1ユーロ=120円台の後半(同121円10-14銭)で取引されている。

提供:モーニングスター社

最終更新:7月19日(金)9時29分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン